抜け毛防止に効果的な方法を解説します

抜け毛防止に効果的な方法って?

 

抜け毛で悩む人は年々増えています。
現代では遺伝や加齢だけではなくストレスも多いですし
今後抜け毛の悩みをかかえる人はさらに増えていくことでしょう。

 

本サイトでは抜け毛を防止するために出来ることを解説しています。

 

日ごろの髪の毛の手入れや育毛ケアを行う事で
抜け毛は防止することができます。

 

少しでも若いうちから育毛剤育毛シャンプー頭皮マッサージ
生活習慣の改善など正しい方法で髪の毛と向き合っていくことで
抜け毛防止はできますのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

抜け毛防止に大切な事

 

 

抜け毛や薄毛の方でお悩みの方はかなり多いです。
抜け毛を防止するためにまずおこないことは洗髪ブラシについてです。

 

 

抜け毛が増えて薄毛にならないように洗髪ブラシを使い毎日丁寧に洗髪している方も
最近では増えてきていますがそれは間違いです。

 

洗髪ブラシを使うと力が一方向に加わってしまい、頭皮に汚れを閉じ込めてしまい
丁寧に洗髪しているつもりが逆効果になってしまう場合があります。

 

洗髪ブラシを使う際は正しい使い方をきちんと学んで使用しないと逆効果になってしまう可能性があります。

 

 

次は皮脂は取りすぎると薄毛、抜け毛の原因になってしまうということです。
現在皮脂を取るためのグッズがたくさん販売されており、そのグッズを使用している方も多いと思います。

 

しかし適度に皮脂を取る分には抜け毛防止効果はあるのですが、毎日使用して皮脂を根こそぎ取ってしまうと
育毛に必要な栄養分まで奪ってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

 

また血行促進のためブラシ等で頭皮を叩くといった行為も注意が必要です。
最初は効果があっても次第にその刺激に頭皮が慣れてきてしまい、効果が薄くなることがあります。

 

その際強い力で叩いてしまいがちですが、そうすると皮下組織を破壊してしまう可能性があるのです。

 

皮下組織が破壊されてしまうと、育毛の効果が出づらくなってしまうのでこちらも注意が必要になってきます。
そして毎日同じ分け目の髪型にしている人は抜け毛が増えていき結果として薄毛になる危険があります。

 

 

髪型というのはついつい毎日同じにしてしまいがちですが、分け目を作った髪形を毎日してしまうと
その部分の髪が毎日引っ張られてしまい抜け毛の原因になってしまうのです。

 

usuge
そしてそこからハゲが進行してしまう可能性があるので
毎日同じ分け目を作っている人は対策が必要になってきます。

 

このように抜け毛や薄毛はグッズ等を購入し対策をしていれば防げるということではなく
逆に対策だと思って毎日やってる行為こそがハゲや薄毛を進行させる原因になってる可能性があるということを知っておく必要があります。

 

 

そもそも抜け毛の原因って?防止
最近、若い女性を中心に薄毛に関する悩みを持っている方が増えてきています。
たとえば、電車やバスの座席に座った際や物を拾おうと屈んだときなどです。
こうした行為をしたとき人目が気になって仕方がないという方が多くいます。

 

薄毛の種類と原因

 

抜け毛を意識した方が良いタイミングとは
たとえば、シャンプーをする度に抜け毛が多くなった、朝起きて枕や敷布団を見ると抜け毛があったということです。
明らかに抜け毛の本数が多く気になるようになったら、その原因をしっかりと見極めることが大切です。
抜け毛の原因を突き止めて、それを改善、さらに予防していく必要があります。

 

・抜け毛が増えた原因
抜け毛が増えてしまった原因を知るには、生活スタイルをまず考えるべきです。
抜け毛が増えて原因の一つとして、食生活があります。
最近、食生活が変わったということはありませんか?
食生活が大きく変わることで、髪に栄養が行き渡らないということがあります。
つまり、髪の毛の栄養不足ということです。
髪に必要な栄養素といえば、たんぱく質・ビタミン・亜鉛です。
この内どれかが欠けても髪にとっては死活問題です。
かといって、肉中心の食生活をすればよいというものではありません。
これら3つの栄養素が含まれている食品を朝・昼・晩と3食しっかりとバランスよく摂取することが大切です。

 

最近少し太り気味だからダイエットを始めた、あるいは体のために良いと思い急に運動を始めた、退職や定年によって社員が減り最近、仕事に追われる日々が続いているといったことはないですか?
これらも髪の毛にとっては大敵と言えます。
食事制限によるダイエットは必要な栄養素が摂取されていない場合が多くあり、身体が痩せたと同時に髪の毛まで痩せてしまうことがあります。
これでは健康的な体とはいう事はできません。
また、体のために急に運動を始めた場合でも筋肉疲労を回復するために多くの栄養素が必要となり、髪の毛まで届かない事が多くありますのでこれまで以上に栄養をとる必要があります。
最後に仕事に追われる日々ですが、仕事で使われたエネルギーを回復するのに栄養が使われますしストレスが溜まる原因ともなります。
これでは髪の毛に良いはずがありません。
体にも髪の毛にも十分な栄養が必要となりますので、十分な食事をとるように心がけて下さい。
仕事関連で言えば、長時間のデスクワークは血行不良を引き起こすことにもなり、肩こりや眼精疲労だけでなく髪の毛への栄養補給が減る可能性があります。
ストレスも同じことでストレスにより血管を収縮させますので、中長期的にストレスを感じてしまっている方はリラックスを心がけ、頭皮や体の血行をよくするようにしなければなりません。

 

食事や仕事、睡眠などの生活習慣を改善していくことが健康的な髪の毛を作る秘訣です。

 

 

薄毛は予防する事で防止する事が可能

 

美容院でボリューム感がでるようにセットしてもらう、髪の毛に良いと言われる栄養補助食品を摂取するなど方法は色々あります。
しかし、しっかりと薄毛や抜け毛を防ぎたいと思うならば、頭皮のケアを始めることがポイントです。

 

健康的な髪を作っている細胞とは

 

私たちの髪の毛や体毛は新陳代謝によって作られた細胞が死んだものの集合体だと言われています。
よく髪の毛がパサパサになってしまったと耳にすることがありトリートメントなどで手触りをよくすることはできるのですが、髪の毛そのものを生き返らすというものではなありません。
薄毛や抜け毛防止のケアは、毛母細胞を活性化させる必要があります。
つまり、髪の毛は毛包と呼ばれる組織の中にある毛乳頭は、毛母細胞に栄養を送りこむ働きをしています。
毛母細胞はこの栄養をもととして細胞の分裂を繰り返し、髪の毛を作り出す働きをしています。

 

・育毛剤の活用法
毛母細胞を活性化させるためには、毛乳頭にしっかりと栄養を送り届けられなければいけません。
そのためには頭皮の血行を促進して、栄養分や酸素が行き渡りやすい状況を作ってあげなければいけません。
つまり、頭皮環境を改善する必要があります。

 

抜け毛や薄毛といった症状は加齢が原因で起こることが多いのですが、若い女性にも急増しているのは冷え性によるもの、ストレスや食生活などによって血行不良が起こり、抜け毛の原因になっていると言われています。
頭皮を触ってみて痛みを感じる、肩や首がガチガチに凝っているという方は、頭皮が硬くなって栄養が行き渡らない状態になっている可能性が多くあります。
kaminoke
このような症状がある場合は、育毛剤を使って頭皮をマッサージしてみるのも良い方法です。
育毛剤の中には血行促進や毛母細胞を活性化させる効果が期待できる成分、頭皮や皮下組織の代謝促進が期待できる成分などが配合されているものがあります。

 

加齢による抜け毛、薄毛の場合は、男性ホルモンを抑える成分が配合されているタイプの育毛剤があります。
生活環境が影響している可能性も考えられますが、加齢による女性ホルモンの分泌量の低下が見られると、男性ホルモンの割合が高くなり抜け毛や薄毛を引き起こす原因となります。
そこで、この男性ホルモンを抑制する成分を配合することにより、積極的に抜け毛や薄毛にアプローチしてくれます。
育毛剤で頭皮をマッサージすることにより、血行促進と抜け毛の原因そのものに働きかけてくれますので効果的だと言えます。

 

抜け毛を防止するには生活習慣の見直しも一つの手

 

最近髪の毛が気になると感じはじめたら、生活習慣を見直してるのも一つの手です。
生活習慣とは、毎日の生活の中で繰り返し行う行為のことです。
たとえば、食事や睡眠、入浴、飲酒などが生活習慣に当てはまります。
こうした習慣は、髪の毛に大きな影響を与えことになります。

 

・生活習慣の乱れは薄毛の原因に
生活習慣の乱れというと、すぐに思い浮かべるのが、食生活や睡眠、お酒の飲み過ぎだと思います。
これらは全て、薄毛に悪影響を与えてしまいます。

 

人には三つの業があります。
食欲・睡欲・性欲です。この内薄毛に影響を与えるのが食欲と睡欲です。
食生活が乱れると、まず栄養不足が起こります。
ここで注意してほしいのが、栄養不足という言葉です。
毎日食べていてどうして栄養不足になるのと疑問に思う方もいると思いますが、ここでいう栄養不足とは栄養の偏りのことを言います。
たとえば、毎日脂っこいモノを食べているとか、塩分のきつい食べ物を口にしているということです。
そうなると、当然髪にも栄養が行き渡らずパサついた髪になったり、コシやツヤがなくなったり、弱い髪になってしまいます。
また、脂質の多い食事を送っている方は過度な脂質によって血行が悪くなったり、毛穴が詰まってしまったりということが起こる可能性があります。

 

また、過度な飲酒も薄毛の原因となります。
過度な飲酒は、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンという成分を増加させることとなってしまいます。
さらにアルコールを分解するためのアミノ酸が必要となってしまうため、栄養を無駄に消費する原因となります。

 

睡眠も髪の毛には大切な行為の一つです。
巣民不足は心身の疲れを引き起こし、ストレスの原因となります。
髪はストレスに弱いため、当然抜け毛の原因の一つとなってしまいます。

 

成長ホルモンは眠っている間に活発に分泌されます。
睡眠が不十分だと成長ホルモンも足りなくなり、髪の毛が育ちにくくなってしまいます。

 

・洗顔、洗髪、メイクの仕方で薄毛に
女性のみならず最近では男性でもほぼ毎日行う生活習慣の一つです。
その生活習慣にも大きな落とし穴がります。

 

メイクや洗顔と言えば顔に対して行う行為ですから髪の毛には関係ないと思いがちですが、実際には顔と地肌は繋がっています。
つまり当然影響を与え合っています。
メイクの時に、髪の生え際までファンデーションを塗っている方がいますが、少し手前で止めるようにメイクして下さい。
髪の根元にファンデーションが付いてしまうと毛穴が詰まってしまい栄養補給がうまくいかない可能性があります。
洗顔する際は、髪の根元の汚れも落とすことを意識して行って下さい。

 

洗髪をする時は、最初に髪を優しく梳きほぐしてから、熱過ぎないお湯で予洗いを行って下さい。
シャンプーをする時は、地肌を優しくマッサージをするように揉みほぐしながらシャンプーすると、よりしっかり汚れを落とすことができます。
決して爪をたてて洗ったり、力をいれすぎたりしないで下さい。
このような洗い方をすれば爪で地肌を傷つけてしまうことになり、頭皮のトラブルの原因となりますので注意して下さい。

 

僕は現在26歳の普通の男ですが、かれこれ10年近くあるものに悩まされ続けています。それはもちろん毛量の少なさ、簡単に言うとハゲてきている!ということです。悔しいかな高校生の頃にはすでにまわりの友達からは「お前やばいなw」と言われ始め、思春期の自分を大いに苦しめてくれました。

 

皆さんはどうでしょうか?もしフサフサの髪をお持ちならその幸せを大事にしてください。髪の毛の量と人生の幸福度にはある程度比例関係にあると僕の中では結論がでています。ぜひとも大事にしましょう!

 

若ハゲになってしまう前に薄毛対策をしよう!

 

薄毛が進行すると若ハゲになってしまいます。
。「若ハゲに挑む!」としています。そう、僕は薄毛と闘い続けてきたのです!その挑戦と今たどり着きつつある場所をここに記しておこうと思います。たいした意味や内容ではないですが、同じく若ハゲに悩む人の参考になれば幸いです。

 

まず僕の場合、前面側からの薄毛。つまり前髪が少なくなるタイプのハゲです。ですので鏡にうつる自分をみるたびに自分が薄毛だと思い知らされ、また人と会話すれば必ず目につく場所であるため10代のころはかなり気にしていました。もちろんワカメはたくさん食べましたし、頭の洗い方なども気を遣いましたがその程度では僕の髪は増えてはくれませんでした。そういった方法で改善する方もいるはずですので、僕がダメだったからといってご自身で試さないのはもったいないのでやってみてくださいね。そこで僕は髪を長めに伸ばすことによって前髪までカバーして目立たないようにする作戦をとりました。これはある程度効果があったように思います。

 

鏡にうつった自分を見たときにもそんなに気にならなくなりましたし少しは自信をもって日常を過ごすことができました。しかしこれには致命的な弱点があるのです。お分かりかもしれませんが、風や運動といった髪型が乱れるようなことが起こると逆に目立つということです!これは辛い、非常に辛い!共感していただける方も多いと思います。

 

そして僕が行き着いた場所は思い切って自分で髪を切るという行為です。前髪は少し切るだけでも印象がかなり変わりますし、毛量の多い方でも少し億劫になってしまうことかと思います。しかしこれが予想以上に効果をあげてくれました。どういう風に切るかというと、すきバサミで生え際より少し上のあたりを根本から数センチのところで切るという方法です。ただでさえ少ない髪の毛をすいてしまうというのはかなり勇気のいることではありますが、短くなった髪の毛が上の毛を持ち上げてくれることによってボリュームがあるように見えるのです。もちろん最初からうまく切ることは難しいですが、自分の髪のことは自分が一番わっかているはずですので必ず相性の良い切り方がわかってくるはずです。

 

お店に行ってプロに切ってもらうのがベストのはずなんですが、僕の場合は自分で切るようになってから友達から「髪増えた?」と言われるようになりました。これは嬉しいですね。もちろん増えたわけではないのですが。

 

薄毛対策は育毛剤を使うのが一番です。

 

参考⇒育毛剤での薄毛対策

 

少し勇気のいる対策ではありますが、見た目だけでも少し改善したいという思いがあれば実践してみる価値はあるかと思います。悩みを減らして明るく生きることができれば毛量は少なくとも人生の幸福度は上がりますからね。しかし試す場合は自己責任でお願いします。

更新履歴